コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北畠顕能 きたばたけあきよし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

北畠顕能
きたばたけあきよし

[生]?
[没]弘和3=永徳3(1383).7.
南北朝時代,南朝方の伊勢国司。右大臣。北畠親房三男。建武2 (1335) 年伊勢国国司となり,壱志郡多気 (三重県津市) に築城,国司家の祖となった。 (→北畠氏 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

北畠顕能 きたばたけ-あきよし

?-1383 南北朝時代の武将。
北畠親房(ちかふさ)の3男。一説には親房の養子。伊勢(いせ)国司。伊勢(三重県)一志郡(いちしぐん)多気(たげ)城を拠点に,南朝の支柱として北朝方とたたかう。文和(ぶんな)元=正平(しょうへい)7年には京都に攻めいっている。「新葉和歌集」の歌人としても知られた。永徳3=弘和(こうわ)3年7月死去。法名は曇宰。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

北畠顕能

生年:生没年不詳
南北朝時代の武将。北畠親房の3男。ただし次男あるいは養子(中院貞平の子)とする説もある。『太平記』には「中院衛門督顕能」などともみえる。最晩年の父親房を助け,兄顕信と共に,退勢著しい南朝の軍事力の中枢を占めた。暦応1/延元3(1338)年に伊勢守に就任したとされる。観応1/正平5(1350)年以降,足利尊氏・直義兄弟が対立して幕府の屋台骨が揺らぎ,南朝に千載一遇の好機が到来した。文和1/正平7年閏2月,東では新田義宗らが挙兵して鎌倉を奪い,西では顕能,楠木正儀らが奮戦して京都を奪回したが,顕能のそれ以降の行動は知られていない。

(西山克)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

大辞林 第三版の解説

きたばたけあきよし【北畠顕能】

?~1383?) 南北朝時代の武将。親房の三男。伊勢一志郡多気に築城し、幕府軍と連戦した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

北畠顕能の関連キーワード三重(県)崇光天皇北畠顕泰北畠神社大館氏清田丸城霧山城多気城

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android