大瓶束(読み)タイヘイヅカ

大辞林 第三版の解説

たいへいづか【大瓶束】

建築で、形が瓶子へいしに似た装飾的な束。普通、虹梁こうりようの上に用いられ、下部に結綿ゆいわたという彫刻がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の大瓶束の言及

【社寺建築構造】より

…垂木を支える桁のうち,いちばん上にあるものを棟木,中間にあるものを母屋桁(あるいは母屋),いちばん外側にあるものを丸桁(がぎよう)(あるいは桁)という。大仏様では虹梁上に断面が円の円束を立てて母屋桁を支え,禅宗様では虹梁上に大瓶束(たいへいづか)と呼ばれる太い円束を立て,上に組物を並べて天井を張る。天井が張られた場合は,小屋組みの部材は屋根の妻にあるもの以外は外に現れず,角材の梁と束を用いて棟木や母屋桁を支える。…

※「大瓶束」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android