コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

妻飾り つまかざり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

妻飾り
つまかざり

日本建築の切妻造または入母屋造の屋根の妻部分 (側面の三角形の壁面) の装飾をいう。二重虹梁 (こうりょう) ,蟇股 (かえるまた) や豕叉首 (いのこさす) の形式は架構をそのまま表わしたもので,平安時代以後天井の出現とともに次第に装飾的となり,住宅や城郭では狐格子,神社では豕叉首,禅宗建築では虹梁大瓶束 (たいへいづか) が用いられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

つまかざり【妻飾り】

切妻造りや入母屋造りの屋根の妻に用いる装飾。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

妻飾りの関連キーワード豕扠首・猪子扠首宮彫り・宮彫入母屋造り切妻造りホロケ切り妻扠首梁扠首竿豕扠首切妻扠首

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android