妻飾り(読み)つまかざり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

妻飾り
つまかざり

日本建築の切妻造または入母屋造の屋根の妻部分 (側面の三角形の壁面) の装飾をいう。二重虹梁 (こうりょう) ,蟇股 (かえるまた) や豕叉首 (いのこさす) の形式は架構をそのまま表わしたもので,平安時代以後天井の出現とともに次第に装飾的となり,住宅や城郭では狐格子,神社では豕叉首,禅宗建築では虹梁大瓶束 (たいへいづか) が用いられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

つまかざり【妻飾り】

切妻造りや入母屋造りの屋根の妻に用いる装飾。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ミレニアル世代

《millennialは、千年紀の、の意》米国で、2000年代に成人あるいは社会人になる世代。1980年代から2000年代初頭までに生まれた人をいうことが多く、ベビーブーマーの子世代にあたるY世代やデ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android