コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大籬 オオマガキ

デジタル大辞泉の解説

おお‐まがき〔おほ‐〕【大×籬】

江戸吉原で、最も格式の高い遊女屋。入り口を入ったところの格子)が全面、天井まで達している。大店(おおみせ)。総籬(そうまがき)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おおまがき【大籬】

江戸吉原の遊里で、最も格の高い遊女屋。寛政(1789~1801)以後、店先の構造で遊女屋の格を表す規定があり、籬の高さが天井まで達するものを大籬、その二分の一あるいは四分の三のものを半籬はんまがきといった。大みせ。総籬。大格子。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

大籬の関連キーワード吉原(遊廓)交じり見世通言総籬大格子半籬寛政四分店先遊里

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android