コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大籬 オオマガキ

大辞林 第三版の解説

おおまがき【大籬】

江戸吉原の遊里で、最も格の高い遊女屋。寛政(1789~1801)以後、店先の構造で遊女屋の格を表す規定があり、籬の高さが天井まで達するものを大籬、その二分の一あるいは四分の三のものを半籬はんまがきといった。大みせ。総籬。大格子。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android