コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大般若波羅蜜多経 だいはんにゃはらみったきょうMahāprajñāpāramitā-sutra

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大般若波羅蜜多経
だいはんにゃはらみったきょう
Mahāprajñāpāramitā-sutra

仏教経典。中国,唐の玄奘の訳。 600巻。般若部経典の集大成といわれる。四処,16会の説法から成り,そのうち初会および 11会以下は玄奘が新しく将来したものであるが,第2,第3会は鳩摩羅什訳『大品般若経』などに合し,第4,第5会は『小品般若経』など,第6会は『勝天王般若経』に,第7会は『文殊般若経』に,第8会は『濡首菩薩経』に,第 10会は『理趣経』にそれぞれ合している。経中に「般若波羅蜜多を聴受するとき,その因縁によってかの有情類はもろもろの悪趣において不随の法を得,および無上正等覚において永く退転せず」とあるところから,疫病,飢饉などの災いを払い,鎮護国家のために僧を集めて大般若会を開いて,本経を転読する行事が各宗派で行われるようになった。現在でも禅宗真言宗では毎年行われている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

大般若波羅蜜多経【だいはんにゃはらみつたきょう】

略して大般若経般若経中最大の規模をもつ。初期大乗経典であるが,この形にまとまったのは,唐の玄奘(げんじょう)が16部の般若系経典を翻訳してからである。全600巻。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大般若波羅蜜多経の関連キーワード石村石楯般若経典

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android