コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大般若波羅蜜多経 だいはんにゃはらみったきょう Mahāprajñāpāramitā-sutra

2件 の用語解説(大般若波羅蜜多経の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大般若波羅蜜多経
だいはんにゃはらみったきょう
Mahāprajñāpāramitā-sutra

仏教経典。中国,唐の玄奘の訳。 600巻。般若部経典の集大成といわれる。四処,16会の説法から成り,そのうち初会および 11会以下は玄奘が新しく将来したものであるが,第2,第3会は鳩摩羅什訳『大品般若経』などに合し,第4,第5会は『小品般若経』など,第6会は『勝天王般若経』に,第7会は『文殊般若経』に,第8会は『濡首菩薩経』に,第 10会は『理趣経』にそれぞれ合している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

大般若波羅蜜多経【だいはんにゃはらみつたきょう】

略して大般若経般若経中最大の規模をもつ。初期大乗経典であるが,この形にまとまったのは,唐の玄奘(げんじょう)が16部の般若系経典を翻訳してからである。全600巻。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大般若波羅蜜多経の関連キーワード十六大国新訳般若心経薬師経孔雀経心地観経大般若経仏名経称讚浄土経玄奘寺

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大般若波羅蜜多経の関連情報