コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

退転 タイテン

デジタル大辞泉の解説

たい‐てん【退転】

[名](スル)
仏語。修行を怠り、一度得た悟りを失って低いほうに落ちること。
落ちぶれて他の地へ移ること。
「商売をやめて深川佐賀町の寮に―した」〈万太郎末枯
中断すること。
「矢叫びの声の―もなく、鏑(かぶら)の鳴り止むひまもなく」〈平家・四〉
しだいに衰えること。
「谷々の講演摩滅して、堂々の行法も―す」〈平家・二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たいてん【退転】

( 名 ) スル
〘仏〙 修行を怠り悪い方へ後戻りすること。 → 不退
志を曲げて屈すること。 「学問のために努力して、毫も-しなかつた/伊沢蘭軒 鷗外
だんだん悪い方へ移りかわること。 「世の文運は未だ甞て-せず/明六雑誌 3
落ちぶれて立ち退くこと。 「主人丈太夫家-/浄瑠璃・新版歌祭文」
中断すること。中止。 「長日護摩御-なく行はせおはしましけり/愚管 6

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

退転の関連キーワードイェンセン(Johannes Vilhelm Jensen)豊竹麓太夫(1世)竹本政太夫(3世)豊竹駒太夫(1世)江戸半太夫(初代)オーストラリア派兵竹本染太夫(1世)植村文楽軒(初代)豊竹駒太夫(初代)風流(ふりゅう)大般若波羅蜜多経川合・大国荘武蔵国分寺竹本綱太夫寛永の飢饉藤井小三郎わらんべ草人形浄瑠璃物部守屋竹田出雲

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

退転の関連情報