コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤松連城 あかまつ れんじょう

美術人名辞典の解説

赤松連城

浄土真宗本願寺派の僧・宗教家。金沢生。俗名は宇三郎、号は榕隠・円通道人・聴泉。周防徳応寺住職。島地黙雷と共に日本の僧侶として初めて欧米を視察。帰国後神仏分離、宗門独立に努め門の新しい体制をつくり、教学機構の改革に取り組んだ。仏教大学(龍谷大学)綜理、勧学となる。大正8年(1919)寂、79才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

赤松連城 あかまつ-れんじょう

1841-1919 明治-大正時代の僧。
天保(てんぽう)12年1月17日生まれ。赤松智城・克麿(かつまろ)・常子の祖父。浄土真宗本願寺派。周防(すおう)(山口県)徳応寺住職。島地黙雷(しまじ-もくらい)らと教団の改革をはかり,明治5年仏教者としてはじめてイギリスに留学。帰国後,宗門の教育機構をととのえ,仏教大(現竜谷大)綜理(学長),勧学などを歴任した。大正8年7月20日死去。79歳。加賀(石川県)出身。旧姓は中。幼名は宇三郎。号は榕隠(ようおん)。著作に「真宗本義」(英文),「仏教史」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

あかまつれんじょう【赤松連城】

1841‐1919(天保12‐大正8)
明治時代浄土真宗本願寺派の僧。加賀金沢に生まれ,1868年(明治1)周防徳山の徳応寺の養子となる。明治維新大洲鉄然島地黙雷らと本願寺改革を断行し宗政坊官から僧侶に移管した。72‐74年ヨーロッパに留学。帰国すると島地らの提唱する大教院分離運動に参加した。同時に宗門教育の改革にあたり,75年学林に普通科を開講,81年に大・中・小の教校制をたて大教校長に就任。同年本願寺明如,北畠道竜の宗務所東京移転に反対した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

赤松連城
あかまつれんじょう

[生]天保12(1841).1. 金沢
[没]1919.7.20.
浄土真宗本願寺派の僧。明治5 (1872) 年に仏教者として初めてイギリスなどに留学し,1900年に佛教大学学長に任じられた。教団の近代化布教功績があった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

赤松連城
あかまつれんじょう
(1841―1919)

明治時代の浄土真宗本願寺派僧侶(そうりょ)。幼名は宇三郎。榕隠(ようおん)と号した。加賀国(石川県)金沢在家の出身。1868年(明治1)山口県徳応寺の養子となる。1872年本山から派遣されてイギリスに留学。帰国後、宗門の教育改革を唱え、島地黙雷(しまじもくらい)らによる真宗大教院分離運動を支援した。1881年に教導職制廃止を建議。1898年大学林総理、1903年(明治36)宗門の学階の最高位勧学(かんがく)、1911年には執行長など宗門の要職を歴任した。大正8年7月20日没。著書に英文『真宗本義』『仏教史』などがある。孫に社会運動家の赤松克麿がいる。[池田英俊]
『常光浩然著『近代仏教界の人間像』(1962・世界仏教協会) ▽常光浩然著『赤松連城』(『明治の仏教者 上巻』1968・春秋社・所収)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

赤松連城の関連キーワード赤松 安子赤松 克麿赤松 智城赤松 常子大正時代赤松安子大谷光尊小野梓

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android