コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大谷尊由 おおたに そんゆ

美術人名辞典の解説

大谷尊由

宗教家・政治家。京都生。西本願寺二十一世光尊(明如上人)の四男、二十二世光瑞(鏡如上人)の弟。号は心斎連枝として社会事業を統掌する。画を中島華陽に学び、心斎と号して多くの秀作を残す。書も能くし、茶道にも堪能であった。貴族院議員、第一次近衛内閣の拓務相となる。昭和14年(1939)寂、54才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大谷尊由 おおたに-そんゆ

1886-1939 明治-昭和時代前期の僧,政治家。
明治19年8月19日生まれ。大谷光尊の4男。大谷光瑞(こうずい)の弟。浄土真宗本願寺派。日露戦争では清(しん)(中国)にわたり,従軍布教にあたる。明治43年同派執行(しゅぎょう)長,大正9年管長事務取扱となる。昭和3年貴族院議員。第1次近衛(このえ)内閣の拓務相。のち内閣参議,北支開発総裁をつとめた。昭和14年8月1日死去。54歳。京都出身。文学寮(現竜谷(りゅうこく)大)卒。号は心斎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大谷尊由の関連キーワード田中 竹子寺本婉雅青木文教大谷心斎田中竹子宗教家

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android