コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大関高増(1) おおぜき たかます

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大関高増(1) おおぜき-たかます

1529-1600 戦国-織豊時代の武将。
享禄(きょうろく)2年生まれ。大田原資清(すけきよ)の子。下野(しもつけ)(栃木県)黒羽(くろばね)城主。大田原,大関両家の和睦(わぼく)のため,父との戦いで敗死した大関増次(ますつぐ)の家督をつぐ。天正(てんしょう)4年黒羽城を築城。18年豊臣秀吉の臣となり,所領を安堵(あんど)された。慶長5年1月14日死去。72歳。幼名は熊満。通称は右衛門佐。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大関高増(1)の関連キーワード織豊時代享禄