コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大高坂維佐子 おおだかさ いさこ

2件 の用語解説(大高坂維佐子の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大高坂維佐子 おおだかさ-いさこ

1660-1699 江戸時代前期の文筆家。
万治(まんじ)3年11月7日生まれ。大高坂芝山(しざん)の妻。和漢の学をおさめ,信仰がふかかった。伊予(いよ)松山藩主松平定直の夫人にのぞまれて,女性の心得をとく「唐錦」をあらわした。元禄(げんろく)12年9月17日死去。40歳。阿波(あわ)(徳島県)出身。本姓は成瀬。名はいち。字(あざな)は別に維(伊)佐。号は喬松女。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

大高坂維佐子

没年:元禄12.9.17(1699.10.9)
生年:万治3.11.7(1660.12.9)
江戸前期の著述家。阿波の人成瀬忠重の娘で,名はいち。維佐子は字。松山藩儒者大高坂芝山と結婚。幼時から学を好み,観音信仰にも篤かった。藩主松平定直夫人亀の方の父越後高田藩主稲葉正直の要請により『唐錦』13巻(復刻,『日本思想大系』16巻)を編述。中国の『女四書』などを広く参照し体系づけ例証を挿入し,女性による女訓書の先駆となる。他に『続女訓』10巻があるが未詳。<参考文献>柴佳子『江戸時代の女たち』

(中嶌邦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大高坂維佐子の関連キーワード尼坂好道曽道怡橘屋道退半井和年成瀬正胤藤波氏守阿波座著述家阿波の鳴門成瀬之虎

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone