大鵬正鯤(読み)たいほうしょうこん(英語表記)Da-peng Zheng-kun

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大鵬正鯤
たいほうしょうこん
Da-peng Zheng-kun

[生]康煕30(1691).福建泉州
[没]安永3(1774).10.13. 宇治
中国,清の来朝黄檗僧で長崎派画家。本姓は王,名は正鯤,号は笑翁。享保6 (1721) 年来朝し長崎福済寺住持となり,のち黄檗山万福寺の法席を継いだ。力強く品格の高い墨竹図で有名。主要作品『懸崖叢竹図』 (福済寺) ,『墨竹図』 (同) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大鵬正鯤 たいほう-しょうこん

1691-1774 清(しん)(中国)の僧。
康煕(こうき)30年生まれ。黄檗(おうばく)宗。享保(きょうほう)7年来日し,長崎福済寺の全巌広昌の法をつぐ。延享2年山城(京都府)万福寺住持となり,宝暦8年にふたたび同寺の住持となった。安永3年10月25日死去。84歳。泉州(福建省)出身。別号に笑翁。著作に「大鵬和尚進山語録」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の大鵬正鯤の言及

【黄檗美術】より

…また渡来した黄檗僧たちは,文人の墨戯としての四君子画や,略筆の観音像を得意とするものが多かった。隠元より早く来日し,隠元を日本に招くのに貢献した逸然は観音像を手がけ,万福寺15代住持の大鵬正鯤(たいほうせいこん)(1691‐1774)の墨竹はなかでもすぐれている。長崎出身の僧鶴亭(?‐1785)はこうした墨戯を上方画壇にひろめる役割を果たした。…

※「大鵬正鯤」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android