コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大鵬正鯤 たいほうしょうこん Da-peng Zheng-kun

2件 の用語解説(大鵬正鯤の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大鵬正鯤
たいほうしょうこん
Da-peng Zheng-kun

[生]康煕30(1691).福建,泉州
[没]安永3(1774).10.13. 宇治
中国,清の来朝黄檗僧で長崎派画家。本姓は王,名は正鯤,号は笑翁。享保6 (1721) 年来朝し長崎福済寺住持となり,のち黄檗山万福寺の法席を継いだ。力強く品格の高い墨竹図で有名。主要作品『懸崖叢竹図』 (福済寺) ,『墨竹図』 (同) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大鵬正鯤 たいほう-しょうこん

1691-1774 清(しん)(中国)の僧。
康煕(こうき)30年生まれ。黄檗(おうばく)宗。享保(きょうほう)7年来日し,長崎福済寺の全巌広昌の法をつぐ。延享2年山城(京都府)万福寺住持となり,宝暦8年にふたたび同寺の住持となった。安永3年10月25日死去。84歳。泉州(福建省)出身。別号に笑翁。著作に「大鵬和尚進山語録」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の大鵬正鯤の言及

【黄檗美術】より

…また渡来した黄檗僧たちは,文人の墨戯としての四君子画や,略筆の観音像を得意とするものが多かった。隠元より早く来日し,隠元を日本に招くのに貢献した逸然は観音像を手がけ,万福寺15代住持の大鵬正鯤(たいほうせいこん)(1691‐1774)の墨竹はなかでもすぐれている。長崎出身の僧鶴亭(?‐1785)はこうした墨戯を上方画壇にひろめる役割を果たした。…

※「大鵬正鯤」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大鵬正鯤の関連キーワード雲彩建州女真清住清水台石坂常堅小倉東渓篠嶋元琪宋紫岩諸葛白岩

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone