天の時は地の利に如かず、地の利は人の和に如かず(読み)てんのときはちのりにしかず、ちのりはひとのわにしかず

故事成語を知る辞典の解説

天の時は地の利に如かず、地の利は人の和に如かず

何かをするに際しては、それに携わる人々の心が一つになっていることが最も大切だ、ということ。

[使用例] まことに「の時は地の利に如かず、地の利は人の和に如かず」で、和の欠けた国家が隆昌し、発展したためしはありません[高神覚昇*般若心経講義|1934]

[由来] 「孟子こうそんちゅう・下」に出て来る、孟子のことばから。城を攻めるときには、「天の時は地の利に如かず、地の利は人の和に如かず(いくら運勢がいい時でも、地形の有利さにはかなわない。地形の有利さも、人々の心が一つになっていることにはかなわない)」というのが、そのことば。だから、善政を行って人々の気持ちをつかめば、戦って負けることはないのだ、と説いています。

出典 故事成語を知る辞典故事成語を知る辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

てん【天】 の 時(とき)は地(ち)の利(り)に如(し)かず、地(ち)の利(り)は人(ひと)の和(わ)に如(し)かず

(「孟子‐公孫丑・下」の「天時不地利、地利不人和」による) 好機は地理的有利さに及ばず、地理的有利さは人心の一致にかなわない。事をなすには人の和が第一であるという意。
※太平記(14C後)四「天の時は不地利、地の利は人の和(クヮ)に如かずといへり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android