コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天一閣 てんいつかく Tian-yi-ge; T`ien-i-ko

3件 の用語解説(天一閣の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

天一閣
てんいつかく
Tian-yi-ge; T`ien-i-ko

中国,明の蔵書家范欽 (はんきん) の設けた書庫の名。浙江省ぎん県にある。范欽は字は蕘卿,嘉靖 11 (1532) 年の進士。官は兵部右侍郎となったが,蔵書家として知られ,書庫の保存に努めた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

てんいっかく【天一閣 Tiān yī gé】

中国,明代の蔵書家范欽(はんきん)が,嘉靖年間(1522‐66)故郷の寧波(ニンポー)(浙江省)に建てた書庫。現在も書庫とともに当時の蔵書が保存されていることで有名。その管理は厳重を極め,建物は池をめぐらして火災に備え,中へ入るには一族の承認を要し,書物は帯出を許されなかった。清朝の《四庫全書》編集には所蔵の473種が底本として利用され,《四庫全書》を収めた文淵閣などは天一閣をまねて作られたという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界の観光地名がわかる事典の解説

てんいちかく【天一閣】

中国の浙江(せっこう)省の寧波(ニンポー)に1561~1566年にかけて創建された、中国に現存する最古の書庫。アジアで最も古い図書館であり、世界に現存する三大家族図書館でもある。約8万冊を超える古書籍が収蔵され、地方誌と登科録(科挙の試験合格者名簿)は明代史研究の重要な資料といわれる。◇「宝書楼」とも呼ばれるが、1994年から寧波博物館と合併して、「天一閣博物館」になった。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の天一閣の言及

【地方志】より

…この趨勢を反映し,とくに20世紀に入って各国の図書館が争って地方志を集めるようになった。古くは寧波(ニンポー)の范氏天一閣が明代の地方志の収集で知られたが,現在は北京図書館に最も多く地方志が集まっている。日本では東京の東洋文庫が最も多く所蔵し,内閣文庫や天理図書館も優れた地方志を持ち,利用のための目録もほぼ完備している。…

【寧波】より

…今は近海漁業の基地となっている。近郊には天童寺,阿育王寺,保国寺等,古い伝統をもつ寺院があり,また市中には明の范欽の蔵書で名高い天一閣がある。【秋山 元秀】。…

※「天一閣」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

天一閣の関連キーワード盧象昇判金きんききんきらきんきんきん五弦琴蔵書家半金黄金の蔵ジパング死の蔵書

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

天一閣の関連情報