コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天地無用 テンチムヨウ

デジタル大辞泉の解説

てんち‐むよう【天地無用】

運送する荷物などに表示する語で、破損恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の
[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で使う人が55.5パーセント、本来の意味ではない「上下を気にしないでよい」で使う人が29.2パーセントという結果が出ている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

てんちむよう【天地無用】

荷物などの外側に書き記す言葉。破損する恐れがあるため、この荷物の上下を逆さまにするなという意。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

天地無用の関連キーワード典・填・塡・天・奠・展・店・恬・殿・添・点・甜・癲・篆・纏・転・轉・顛・顚・點熊谷ニーナ大塚みずえ小野寺啓子佐藤あずさ斉藤恒芳世論調査小林優子深田愛衣遠藤章史文化庁英伸三外側国語上下補説

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

天地無用の関連情報