コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天室宗竺 てんしつ そうじく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

天室宗竺 てんしつ-そうじく

1605-1667 江戸時代前期の僧。
慶長10年生まれ。臨済(りんざい)宗。京都大徳寺の玉室宗珀(そうはく)の法をつぐ。承応(じょうおう)3年同寺の住持,寛文3年江戸品川の東海寺にはいった。寛文7年8月26日死去。63歳。尾張(おわり)(愛知県)出身。俗姓は渡部。別号に一如子,破笠子,雛道人。諡号(しごう)は大覚円明禅師。
【格言など】六十三年,要識去処,白日青天,喝(辞世)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

天室宗竺の関連キーワード祥山宗端祥山宗瑞俊巌宗忍

今日のキーワード

ICT

情報・通信に関する技術の総称。従来から使われている「IT(Information Technology)」に代わる言葉として使われている。海外では、ITよりICTのほうが一般的である。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android