天文潮(読み)てんもんちょう(英語表記)astronomical tide

海の事典の解説

天文潮

潮汐は主として月・太陽の起潮力によって起こされる規則的な海面水位変化であるが、気温・水温の変化、気圧の変化等によっても水位が変化し、その中で一定 の周期をもって規則的に起こるものは、潮汐の分潮の中に含めて扱い、気象潮と呼んでいる。これを区別して、純粋に天体の起潮力による水位変化の成分を指す のに、天文潮という言葉が使われる。 (永田

出典 (財)日本水路協会 海洋情報研究センター海の事典について 情報

大辞林 第三版の解説

てんもんちょう【天文潮】

月や太陽の起潮力によって生ずる潮汐。天体潮。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android