コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天狗俳諧 てんぐはいかい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

天狗俳諧
てんぐはいかい

俳諧遊戯。1の上5,中7,下5を3人が勝手につくり,あとでそれらをつなぎ合せて,偶然に意味が通じたり,まったくわけのわからない句ができたりするのを楽しむもの。江戸時代後期の明和5 (1768) 年の『葛藤』にその記事がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

てんぐ‐はいかい【天×狗俳諧】

俳諧で、上5字・中7字・下5字を三人がそれぞれ無関係に作り、それを組み合わせて1句とし、偶然に句意が通ったりおかしな句ができたりするのを楽しむ遊び。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

てんぐはいかい【天狗俳諧】

江戸時代の俳諧流行期に主として行われた言語遊戯。句の上五,中七,下五を,3人が互いに無関係に作り,のちにそれをつなぎ合わせて,意味が偶然に通じたり,まったくわけのわからない句ができたりするのを楽しむ遊び。しばしば物品や金銭をかけて行われた。上田秋成の《諸道聴耳世間猿(しよどうききみみせけんざる)》(1766)や秀億の俳書《葛藤(かつらふじ)》(1768)にその名が見えるのが早い例である。笠付【山下 一海】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

てんぐはいかい【天狗俳諧】

俳諧で、上五・中七・下五を各自が随意作り、紙片に記したものを無作為に組み合わせて一句とする遊戯。偶然できた面白い句や意味の通じない句などに興じる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

天狗俳諧の関連キーワード各自紙片

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android