コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天球座標 テンキュウザヒョウ

大辞林 第三版の解説

てんきゅうざひょう【天球座標】

天球上の天体の位置を指定するための座標。基準面のとり方により、赤道座標・黄道座標・地平座標などがある。天体座標。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

天球座標
てんきゅうざひょう

天球上の位置を表す座標。一般に、観測者を極(中心)とする球面極座標を用いる。より具体的にいうと、のように天球上で互いに直交する二つの大円a、bをそれぞれ基準大円とし、その交点の一つCを天球上の基本方向とする。a、bのいずれか、たとえばaを経度的な座標軸(地球で例えれば赤道)にとり、Cを経度的座標の起算点、aを緯度的座標の起算点とする。
 天球座標は、天文学上、それぞれの研究や作業にもっとも便利なように設定される。今日もっとも多く用いられるのは、赤道座標、黄道座標、銀河座標、地平座標などである。[大脇直明]
『横尾武夫編『宇宙を観る――現代天文学実験1 初級篇』(1989・恒星社厚生閣) ▽地学団体研究会編『星の位置と運動』(1994・東海大学出版会) ▽岩永道臣・樽美幸雄著『精説 天文航法 上巻』新訂版(1995・成山堂書店) ▽斉田博著『天文の計算教室』新装版(1998・地人書館) ▽長沢工著『日の出・日の入りの計算――天体の出没時刻の求め方』(1999・地人書館)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の天球座標の言及

【球面天文学】より

…太陽,月,惑星,恒星などすべての天体を天球上にあるものと考えて,これらの位置や位置の変化を天球座標によって記述し研究する天文学の一分野である。球面天文学は天文学の諸分野の中でもっとも早期に発達した基礎的分野であり,とくにすべての天文観測に直結している。…

※「天球座標」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

天球座標の関連キーワード天球の回転について球面天文学固有運動天体座標基準面

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android