コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天文座標 テンモンザヒョウ

デジタル大辞泉の解説

てんもん‐ざひょう〔‐ザヘウ〕【天文座標】

天球座標

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

天文座標【てんもんざひょう】

天体の位置を示すために用いられる座標。太陽を原点にとった日心座標,地球の中心を原点にとった地心座標赤道面基準にとった赤道座標,天の黄道の面を基準にとった黄道座標などがあり,観測や計算の便宜に応じて使い分けられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

てんもんざひょう【天文座標 astronomical coordinates】

天体の位置を示すために用いられる座標。観測や計算上のつごうにより,太陽を原点にとった日心座標,地球の中心を原点にとった地心座標,それぞれについて赤道を基準にとった赤道座標,黄道を基準にした黄道座標などが使われる。さらに観測者から見て地平線天頂を基準にした地平座標も使用される。銀河系の研究のために銀河の平均面を基準にとった銀河座標も使われることが多い。 これとは別に地球上での経度緯度にも使用される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

天文座標の関連キーワード天体

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android