コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天理人欲 テンリジンヨク

デジタル大辞泉の解説

てんり‐じんよく【天理人欲】

中国哲学で、倫理思想を表す概念の一。天理は自然のままの本性人欲は外部の刺激によって起こる欲求。宋学では、人欲よりも天理に従うことを強調した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

てんりじんよく【天理人欲】

〔礼記 楽記
天然の本性と人の私的欲望。宋学では、天理を存して人欲を去る工夫が重視されたが、明の中葉におこって清の戴震たいしんに至って大成された気の哲学では、天理と人欲は峻別されず、人欲の中に天理があるとされた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

天理人欲
てんりじんよく

中国近世の宋明(そうみん)性理学における重要な概念。朱子学と陽明学では論理構成が異なるが、共通しているのは、天から命令的に賦与された普遍性を天理という。とくに人間の場合は性という。この性は天理であるがゆえに善である(性即理=性善説)。人間が本来固有する自己救済能力をいう。人間の気質と肉体に起因する生命力を人欲という。これは人間を天理に背かせるものでもある。この人欲を天理実現の熱源に昇華させることを「人欲を去りて天理を存す」という。「人欲を去る」とは欲望を否定したのではない。欲望の存在と価値を認めるからこそ、この人欲の燃焼する方向を定めて、天理を実現する熱量にせんとしたのである。田公平]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の天理人欲の言及

【天理】より

…したがって人は,おのがじし人欲に打ち勝って天理に復帰しなければならない。このような朱熹の見解は,彼が当時目にした人間と社会に対する危機感にもとづくものであったが,朱子学が権威化してゆくにつれ,天理人欲の名において人間性を抑圧するようになったのも事実である。明末・清初の王夫之(船山)が〈人を離れて別に天があるわけではなく,欲を離れて別に理があるわけではない〉(《読四書大全説》巻八)などと述べ,清の戴震(たいしん)も情欲肯定論を提起した(《孟子字義疏証》)のは,それに対する反発であった。…

※「天理人欲」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

天理人欲の関連キーワード中国哲学陸九淵陳亮礼記中葉

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android