コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太白山 たいはくさん

日本の地名がわかる事典の解説

〔宮城県〕太白山(たいはくさん)


仙台市太白区の名取(なとり)川北岸にそびえる独立峰。標高321m。小ぶりながら秀麗な三角錐(さんかくすい)形の特徴ある山容で、海上からも目標となり、人々の尊崇を集めた。山頂は小広場で、貴船(きぶね)神社が鎮座する。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

太白山
たいはくさん / タイパイシャン

中国、陝西(せんせい)省中部、渭河(いが)平原の南にそびえる秦嶺(しんれい)山脈の主峰。太乙(たいいつ)山とも称する。関中から望める最高峰で、標高3767メートル。山頂は終年、雪が消えず、山中には各種の氷河地形が残存しており、第四紀氷河の博物館といわれる。山頂の太白三池も氷食湖の一つである。また植生の垂直変化も著しい。その美しい景色は、李白(りはく)の『登太白峰』など唐代の詩人のしばしば歌うところとなり、「太白積雪」として長安八景の一つとされ、また山岳信仰の対象となった。[秋山元秀]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

太白山の関連キーワード宮城県仙台市太白区茂庭江原道(大韓民国)テペクサムミャク五山・十刹・諸山五台山(韓国)国分青【がい】太白[区]テペク山脈ターキン小白山脈狼林山脈朝鮮民族李朝実録仙台富士太白山脈名取富士浮石寺雪岳山梵魚寺白頭山

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android