コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天草種元 あまくさたねもと

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

天草種元
あまくさたねもと

安土桃山時代の天草本渡 (ほんど) 城主。父久武とともにキリスト教に入信し,ジョアンと称した。豊臣秀吉の九州征伐後本領を安堵された。天正 17 (1589) 年志岐氏の乱に加担したが敗れ,肥後宇土城主小西行長に降伏。文禄の役 (→文禄・慶長の役 ) に従軍。関ヶ原の戦い後は備前岡山の小早川秀秋に預けの身となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

天草種元 あまくさ-たねもと

?-? 織豊時代の武将。
肥後(熊本県)天草本渡城主。永禄(えいろく)12年(1569)宣教師アルメイダの布教をゆるし,みずからキリシタンとなる。天正(てんしょう)17年小西行長の支配にそむき,行長,加藤清正の攻撃をうけ自刃(じじん)したとも,のち行長に属し文禄(ぶんろく)の役に参加したともいう。洗礼名はアンドレア,一説にジョアン。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

天草種元の関連キーワード安土桃山時代天草久種木山弾正慶長

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android