コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天降言 あもりごと

3件 の用語解説(天降言の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

天降言
あもりごと

江戸時代中期の歌集。田安宗武著。1巻。成立年未詳。宗武没後,その家臣による編纂という。歌数は 309首。そのうち2首は旋頭歌。作品はほぼ制作年代順に収められ,宗武生涯の歌風の変遷を知ることができる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

あもりごと【天降言】

田安宗武の和歌集。成立年不詳。1巻。田安の没後に家臣の狛諸成が編纂(へんさん)したものとされる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

天降言
あもりごと

江戸中期の大名、田安宗武(たやすむねたけ)の歌集。宗武没後にある家臣が編集したものを家臣藤原直臣(なおみ)が筆写した。1巻。短歌307首、旋頭歌(せどうか)2首がある。この歌集は、(1)1716年ごろから1748年ごろまで、(2)1716年ごろから1751年ごろまで、(3)1751年ごろの「堀河初度(ほりかわしょど)百首題」による歌、(4)1754年以後の歌、など四つの部分に分けられる。侍臣賀茂真淵(かもまぶち)の影響を受けてから歌が躍進し、歌の特色は万葉調、写生的である。[辻森秀英]
 霞(かすみ)わけて雁(かり)帰る見ゆ行く先の遙(はる)けきもへばあはれむ吾は(帰雁)
『土岐善麿校註『朝日古典全書 宗武・曙覧歌集』(1950・朝日新聞社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

天降言の関連キーワード荒井千春長野清良田安歌体約言お古牟の方狛諸成田安治察梅風平田安房松平定国

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone