天麻(読み)テンマ

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

てんま【天麻】

漢方薬に用いる生薬(しょうやく)の一つ。ラン科オニノヤガラ根茎(こんけい)を乾燥したもの。幼茎は赤箭(せきせん)という。滋養強壮鎮静鎮痛鎮痙(ちんけい)などの作用がある。胃アトニー胃腸虚弱胃下垂に効く半夏白朮天麻湯(はんげびゃくじゅつてんまとう)などに含まれている。

出典 講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

天麻 (オニノヤガラ・テンマ)

学名:Gastrodia elata
植物。ラン科の多年生無生蘭,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

世界大百科事典内の天麻の言及

【オニノヤガラ(鬼の矢幹)】より

…ハルザキヤツシロランG.nipponica (Honda) TuyamaとアキザキヤツシロランG.verrucosa Blumeは,草丈が花時10cm未満の小型の植物である。【井上 健】
[薬用]
 根茎を漢方で天麻(てんま)という。バニリルアルコールvanillyl alcohol(胆汁分泌作用,てんかん発作抑制作用あり),ビタミンA様物質を含む。…

※「天麻」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android