コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鬼の矢幹 オニノヤガラ

大辞林 第三版の解説

おにのやがら【鬼の矢幹】

ラン科の腐生植物。深山の林中に生える。全体に黄褐色。高さ50センチメートル 内外。地下に塊茎がある。初夏、黄褐色のゆがんだ壺形の花が多数穂状につく。漢方では乾燥した塊茎を天麻てんまといい、強壮・鎮痙・鎮静薬に用いる。まっすぐな茎を鬼の使う矢に見立てた名。ヌスビトノアシ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

鬼の矢幹の関連キーワードヌスビトノアシラン科鎮静薬塊茎

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android