コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太上皇 ダジョウコウ

世界大百科事典 第2版の解説

たいじょうこう【太上皇 tài shàng huáng】

中国における皇帝の父の尊称。上皇。太上とは最上の意。秦の始皇帝が皇帝を称したとき亡父の荘襄王を追尊して太上皇としたことに始まる。漢以後,父の生存中に太上皇の尊号をたてまつるようになった。漢の高祖は父との関係を君臣関係で律するか父子関係で律するかという問題が起こったとき,自分が天下を得たのも父の教えによるものであるとして,父に太上皇の尊号をたてまつった。後世になると,皇帝が譲位して太上皇を称するようになる(北魏献文帝,唐高祖・睿宗・玄宗など)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

太上皇の関連キーワード玄武門の変太上天皇乾隆帝和しん正統帝嘉慶帝李淵院政

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

太上皇の関連情報