コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太上皇 ダジョウコウ

2件 の用語解説(太上皇の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

だじょう‐こう〔ダジヤウクワウ〕【太上皇】

太上天皇(だいじょうてんのう)」に同じ。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

たいじょうこう【太上皇 tài shàng huáng】

中国における皇帝の父の尊称。上皇。太上とは最上の意。秦の始皇帝が皇帝を称したとき亡父の荘襄王を追尊して太上皇としたことに始まる。漢以後,父の生存中に太上皇の尊号をたてまつるようになった。漢の高祖は父との関係を君臣関係で律するか父子関係で律するかという問題が起こったとき,自分が天下を得たのも父の教えによるものであるとして,父に太上皇の尊号をたてまつった。後世になると,皇帝が譲位して太上皇を称するようになる(北魏献文帝,唐高祖・睿宗・玄宗など)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone