コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太安梵守 たいあん ぼんしゅ

1件 の用語解説(太安梵守の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

太安梵守 たいあん-ぼんしゅ

1407-1482 室町時代の僧。
応永14年生まれ。曹洞(そうとう)宗。越後(えちご)(新潟県)耕雲寺の徳岳宗欽(とくがく-そうきん)の法をつぐ。能登(のと)(石川県)総持寺にのぼり,ついで耕雲寺の住持となる。のち伊達持宗にまねかれて嘉吉(かきつ)元年開創の陸奥(むつ)梁川(やながわ)(福島県)輪王寺(現在は仙台市)の開山(かいさん)となった。文明14年7月5日死去。76歳。大和(奈良県)出身。俗姓は和田。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

太安梵守の関連キーワード東山時代慕帰絵詞享徳の乱多摩湖東山山荘慕帰絵詞足利政知上杉房定上原元秀河野通春

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone