コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太平洋岸式気候 タイヘイヨウガンシキキコウ

2件 の用語解説(太平洋岸式気候の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

たいへいようがんしき‐きこう〔タイヘイヤウガンシキ‐〕【太平洋岸式気候】

太平洋側気候

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

太平洋岸式気候
たいへいようがんしききこう

太平洋に面した日本列島に発達する気候。日本海式気候に対するもの。かつて表日本式気候といっていた。冬は中央脊梁(せきりょう)山地を吹き越して乾燥した寒冷な季節風と晴天に特色づけられ、夏は梅雨季や台風季を中心とする降雨と盛夏の晴天に特色づけられる。日本列島が狭長であるため、この気候は九州、南海、瀬戸内、東日本などに区分される。また東日本は、中央高地、東海、関東、三陸、北海道に細分される。この気候の典型は西日本の太平洋岸であり、夏には月300ミリメートル以上の降水と高温、冬は豊かな日照、沿岸を流れる暖流の効果もあり、沿岸部には無霜地帯すらある。一方、北関東以北では、冬の乾燥は共通するが、年間を通じ同緯度の日本海側より低温になる傾向がある。[吉村 稔]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

太平洋岸式気候の関連キーワード太平洋画会本州南太平洋環太平洋太平洋側気候太平洋プレート内陸気候日本海側気候PSTこませ醤蝦

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone