コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太平洋岸式気候 タイヘイヨウガンシキキコウ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

太平洋岸式気候
たいへいようがんしききこう

太平洋に面した日本列島に発達する気候。日本海式気候に対するもの。かつて表日本式気候といっていた。冬は中央脊梁(せきりょう)山地を吹き越して乾燥した寒冷な季節風と晴天に特色づけられ、夏は梅雨季や台風季を中心とする降雨と盛夏の晴天に特色づけられる。日本列島が狭長であるため、この気候は九州、南海、瀬戸内、東日本などに区分される。また東日本は、中央高地、東海、関東、三陸、北海道に細分される。この気候の典型は西日本の太平洋岸であり、夏には月300ミリメートル以上の降水と高温、冬は豊かな日照、沿岸を流れる暖流の効果もあり、沿岸部には無霜地帯すらある。一方、北関東以北では、冬の乾燥は共通するが、年間を通じ同緯度の日本海側より低温になる傾向がある。[吉村 稔]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

太平洋岸式気候の関連キーワード神奈川(県)瀬戸内式気候栃木(県)島根(県)青森(県)静岡(県)群馬(県)四国地方関東地方神奈川県三重県奈良県宮崎県高知県愛知県岐阜県宮城県岩手県徳島県青森県

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android