コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太源宗真 たいげんそうしん

3件 の用語解説(太源宗真の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

太源宗真
たいげんそうしん

[生]?
[没]建徳2=応安4(1371).10.
南北朝時代曹洞宗の僧。総持寺の峨山紹碩門下二十五哲の一人。のち総持寺第3世となり,永光寺,仏陀寺を歴任した。彼の法系を太源派と呼ぶ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

太源宗真 たいげん-そうしん

?-1370 南北朝時代の僧。
曹洞(そうとう)宗。太源派の祖。能登(のと)(石川県)総持寺の峨山韶碩(がさん-じょうせき)の法をつぎ,峨山の死後総持寺3世となる。のち能登永光(ようこう)寺の住持をへて加賀(石川県)に仏陀寺をひらいた。応安3=建徳元年11月20日死去。加賀(石川県)出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

太源宗真

没年:応安4/建徳2.11.20(1371.12.27)
生年:生年不詳
鎌倉後期から南北朝期の曹洞宗の禅僧。一説に応安3/建徳1(1370)年死亡。加賀(石川県)の生まれ。総持寺の峨山韶碩に参じて,貞和5/正平4(1349)年,法を嗣ぐ。貞治4/正平20(1365)年総持寺輪住制の最初の住持として3世を継いだ。のちに永光寺13世になる。総持寺五院のひとつ普蔵院や加賀仏陀寺を開創。宗祖の道元が排した五位思想を曹洞宗の宗乗と明言する。のちに太源派は曹洞宗の主流を形成した峨山派のなかで,通幻派に次ぐ第2の門派に発展する。<参考文献>卍元師蛮『延宝伝灯録』『本朝高僧伝

(竹内弘道)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

太源宗真の関連キーワード釈鼇仙玉山全英凸巌養益峨山韶碩紹瑾通幻寂霊洞山良价別源円旨明峰素哲大智

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone