コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太田氏資 おおた うじすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

太田氏資 おおた-うじすけ

1543-1567 戦国時代の武将。
天文(てんぶん)12年生まれ。太田資正(すけまさ)の長男。永禄(えいろく)6年北条氏康(うじやす)の娘婿となり,翌年父と弟太田政景を追放して武蔵(むさし)岩槻城(埼玉県)城主となった。北条氏政・氏照兄弟が里見義弘の上総(かずさ)(千葉県)三舟山を攻めたとき出陣し,永禄10年8月23日戦死した。25歳。幼名源五郎初名は資房。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

太田氏資の関連キーワード戦国時代北条氏房

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android