コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鉄炮記 てっぽうき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鉄炮記
てっぽうき

南浦文之(玄昌。→文之)著。慶長11(1606)年成立。種子島久時の依頼で,その父種子島時堯が,初めて鉄炮を受け入れた事跡を記念するために記述された。記述は正確,詳細で資料的に価値が高い。『南浦文集』に所収。(→種子島銃鉄砲伝来

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

てっぽうき【鉄炮記】

1543年(天文12)日本への鉄砲伝来の来歴を伝える基本文献。1606年(慶長11)薩摩の学僧文之玄昌が種子島久時の求めに応じ,種子島家譜その他の資料により久時の父時尭(ときたか)の功績をたたえるため編纂した。文之の詩文集《南浦文集》に収載。文集は,1625年(寛永2)門人により版行され,《鉄炮記》はその上巻に所収。自筆本は鹿児島大竜寺に伝えられたが,明治初め島津家のものとなった。《薩藩叢書》第2編所収。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鉄炮記
てっぽうき

1543年(天文12)の鉄炮伝来について記した一文。1606年(慶長11)儒僧で薩摩国大龍寺に住していた南浦文之(なんぽぶんし)が、種子島久時(たねがしまひさとき)の依頼により撰文。1543年種子島に漂着したヨーロッパ人から、種子島の領主種子島時尭(ときたか)が鉄炮2挺を買い求め、火薬の調合法を家臣に学ばせたこと、うち1挺を紀州根来(ねごろ)寺の杉坊(すぎのぼう)に譲ったこと、翌年別のヨーロッパ人から鉄炮の鋳造法も学ばせたことなどを記す。鉄炮の普及について時尭の功績をたたえた一文で、潤色の可能性はあるが、種子島家からの史料等によっているとみられ、記述はほぼ正確と考えられる。文之の詩文集『南浦文集』に収載。『薩藩叢書』に所収。[熱田 公]
『『新薩藩叢書4』(1971・歴史図書社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

鉄炮記の関連キーワード種子島時尭モッタモタ