コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩槻城 いわつきじょう

1件 の用語解説(岩槻城の意味・用語解説を検索)

日本の城がわかる事典の解説

いわつきじょう【岩槻城】

埼玉県さいたま市岩槻区(旧岩槻市)にあった平城(ひらじろ)。同県指定史跡。従来、扇谷上杉氏重臣の太田道真・太田道灌父子が1457年(長禄1)、古河公方足利成氏を牽制するため江戸城(東京都千代田区)、川越城(河越城、川越市)とともに築城したといわれてきたが、近年、古河公方方の忍城(行田市)の城主成田顕泰の父成田自耕斎正等(じこうさいしょうとう)が、1478年(文明10)に築城したとする史料が見つかった。戦国時代の1522年(大永2)、太田資頼が岩槻城を奪取し、岩槻太田氏の居城となり、太田資正(三楽斎)の時代には、武蔵における北条氏の勢力が増す中で、岩槻城は孤立しながらも反北条方の城として存続した。しかし、1564年(永禄7)に北条氏方に与した嫡子太田氏資が資正を追放し、北条方の城となり、1567年(永禄10)の氏資の戦死にともない、北条氏直轄の城となった(北条氏の一族が太田氏の名跡を継いで城主となった)。1590年(天正18)の豊臣秀吉の北条氏攻め(小田原の役)の際、浅野長吉ら豊臣方2万の兵に攻められ、数日後降伏・落城した。その後、徳川家康が関東に入ると、岩槻城には徳川家譜代の高力清長が2万石で入城。以後、青山氏、阿部氏、板倉氏、戸田氏、松平氏、小笠原氏、永井氏ら譜代大名の居城となったが、江戸時代の中期に大岡忠光が入城。以後、大岡氏が代々城主をつとめ、明治の廃藩置県後に廃城となった。岩槻城は荒川(現在の元荒川)の台地上にあり、総曲輪(そうぐるわ)型城郭という珍しい縄張りでつくられていた。江戸時代の岩槻城本丸には天守はなく、代わりに2層の瓦櫓(かわらやぐら)や1層の櫛形櫓があった。現在、城跡は岩槻城址公園(御林(おはやし)公園)となっており、堀跡や大構、城門などの遺構が残っている。また、「岩槻に過ぎたるもの」といわれた時の鐘や、岩槻藩の藩校、遷喬館(せんきょうかん)(県指定史跡)もある。東武野田線岩槻駅から徒歩約30分(約1.8km)。◇かつては岩付城と記された。白鶴城、浮城とも呼ばれる

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩槻城の関連キーワード岩槻区岩槻岩槻木綿先綾岩槻市さいたま埼玉会館さいたま市浦和駒場スタジアムさいたま市文化センター岩槻都市振興とワッツ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

岩槻城の関連情報