コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太田資高 おおた すけたか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

太田資高 おおた-すけたか

?-1547 戦国時代の武将。
太田資康の子。太田道灌(どうかん)の孫。はじめ江戸城主上杉朝興(ともおき)につかえたが,離反して北条氏綱に属す。大永(たいえい)4年(1524)江戸城を攻め,河越城にのがれた朝興を武蔵(むさし)府中(東京都)でやぶった。天文(てんぶん)16年7月24日死去。通称は源六郎。
【格言など】見残して帰へりもやせむ花のもと浮世の雲の風たたぬまに(辞世)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

太田資高の関連キーワード太田康資

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android