コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太陽向点 たいようこうてん

4件 の用語解説(太陽向点の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

太陽向点【たいようこうてん】

恒星空間における太陽系の運動方向。位置は赤経18時(270°),赤緯+30°で,ヘルクレス座とこと座の境付近にあり,太陽系はこの方向に毎秒約20kmの速度で進む。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

たいようこうてん【太陽向点 solar apex】

太陽は太陽系のすべての天体を引きつれてヘルクレス座の方向に約20km/sの速さで運動している。この運動は太陽近傍の数千個の恒星の集団(局部恒星系)の速度重心に対する運動であって太陽運動呼ばれる。そして太陽運動の方向にあたる天球上の点を太陽向点といい,赤経271゜,赤緯+30゜である。太陽運動によって他の星々はそれと反対方向に系統的に動いているように見える。多数の星の固有運動視線速度を観測してそれぞれの空間速度を求め,次に星全体の速度重心(速度の平均値)を求めれば,それが視差運動だからその方向を逆にして太陽運動が,したがって太陽向点が決定される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

太陽向点
たいようこうてん

向点」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

太陽向点
たいようこうてん

太陽が近傍の恒星たちに対して運動している方向。これは恒星たちの固有運動や視線速度を測定することによって求められる。恒星は近傍の星々に対してそれぞれ無秩序に運動しているが、太陽も秒速19.5キロメートルほどで赤経18時、赤緯30度の方向に運動している。これが太陽向点で、ヘルクレス座の東部にあたる。[村山定男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

太陽向点の関連キーワード球面天文学近日点天体太陽系小天体軌道長半径重力散乱太陽系外縁天体太陽圏惑星系周連星惑星

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone