太鼓谷稲成神社(読み)たいこだにいなりじんじゃ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

太鼓谷稲成神社
たいこだにいなりじんじゃ

島根県鹿足(かのあし)郡津和野町に鎮座。宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)、伊弉冉尊(いざなみのみこと)を祀(まつ)る。津和野の三本松城城主で亀井家第8代の矩貞(のりさだ)が、城内鎮護と領内安穏、領民福祉を祈願して、1773年(安永2)5月15日津和野太鼓谷の峰に伏見稲荷(ふしみいなり)より勧請(かんじょう)したのが起源とされている。旧郷社。日本五大稲荷の一つとして信仰され、初午(はつうま)大祭(2月初午日)、春秋の大祭(5月15日、11月15日)には北九州、西中国地方より厄除(やくよけ)開運、産業発展を求めて多くの参詣(さんけい)者が集まる。境内の養老文庫には江戸後期の国学者岡熊臣(おかくまおみ)関係の文書が保存されている。また文化財として堀田仁助作の天球儀、地球儀がある。[加藤隆久]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の太鼓谷稲成神社の言及

【津和野[町]】より

…津和野城(三本松城)跡(史),津和野出身の文豪森鷗外の旧居(史),啓蒙思想家西周(あまね)の旧居などがその代表である。町の中心付近には日本五大稲荷の一つ太鼓谷稲成(たいこだにいなり)神社があり,開運・産業の神として西日本各地の信仰を集めている。津和野駅北方の乙女峠にあるマリア聖堂は,1868年(明治1)から73年まで明治新政府によって配流・迫害された長崎浦上のキリシタンを記念して建てられたものである。…

※「太鼓谷稲成神社」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android