初午(読み)はつうま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

初午
はつうま

2月の最初のの日をいう。この日に稲荷の祭りをするところが多く,『今昔物語集』や『紀貫之集』にも初午の稲荷詣でについての記述がある (→稲荷信仰 ) 。養蚕の盛んな地方では蚕の神の祀り日となっており,長野県ではこれを蚕玉祭 (こだままつり) という。また初午のことを道陸神 (どうろくじん。道祖神) の火事見舞いと称して,餅をついて神を祀るところもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

初午【はつうま】

毎年2月初めの午の日に行う稲荷の祭礼。京都の伏見稲荷大社の鎮座の日にちなむという。全国各地で行われ,神前に油揚げを供え,油揚げと菜を食べる風習がある。古代の宮廷で,2月に行われた祈年祭の変化と考えられる。→稲荷信仰
→関連項目鈴懸馬

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はつうま【初午】

2月初めの午の日,およびその日の行事をいう。全国的に稲荷信仰と結びついているが,旧暦の2月初午は農事開始のころにあたり,そのために農神の性格をもつ稲荷と結びつきやすかったのであろう。関東地方では稲荷講が盛んで,稲荷の祠に幟(のぼり)を立て油揚げや赤飯などを供えて祭り,参加者が飲食を共にしている。スミツカリという独特の食品を供える所もある。子どもが稲荷祠で太鼓をたたいて過ごしたり,ときには籠(こも)ったりもする。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

はつうま【初午】

二月最初の午の日。稲荷神社で初午祭りが行われる。一の午。 [季] 春。 「 -詣で」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

初午
はつうま

2月初めの午(うま)の日をいう。稲荷(いなり)の祭日とされ、稲荷講の行事が行われるが、その習俗はかならずしも稲荷とは関係なく、土地によりさまざまである。この日初午団子をつくり、子供たちが集まって太鼓をたたくことが広く行われる。長野県では初午の日を道陸(どうろく)(祖)神の火事見舞いといって、小正月(こしょうがつ)のどんど焼に小屋を焼かれた見舞いとして餅(もち)を搗(つ)いてこの神に供える祭りとしている。また蚕玉祭(こだままつり)といってカイコの神を祀(まつ)っている所もある。栃木県の旧安蘇(あそ)郡野上村(現佐野市)では、初午にシミズカリといって大根や鮭(さけ)のおじやをつくり神前に供える。初午の日が早いと火事が多いといわれ、月の初めにあたると二の午の日に延期する例があり、5日過ぎればよいともいう。青森県の津軽地方では、屋根に水桶(みずおけ)をあげたり水をまいたりしている。岐阜県の高山市では初午の日には茶を飲まないといい、鳥取県南東部(八頭(やず)郡を中心とした地域)では茶釜(ちゃがま)を洗って乾かすという。
 ほかに、変わった風習として、新潟県南魚沼(みなみうおぬま)市の六日町地区では、多くの家が屋敷神を祀っているが、初午には豊年を祈願して小豆飯(あずきめし)と鰊(にしん)を供える。鳥取県日野郡では初午粉といって、米の粉を神前に供える。奈良県宇陀(うだ)市菟田野(うたの)区では初午の日に、25歳の男と19歳の女が、厄年のため近所の社寺にお参りする。長崎県壱岐(いき)島では、世上祭(せじょうまつり)といって初午に豊作を祈る。熊本県の各地では初午の市(いち)が立ち、湯豆腐、いなりずしなどを売り出している。これらの習俗からみて、初午の日とは、その年の豊作を予祝する意味の祭りであったといえる。[大藤時彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

初午の関連情報