(読み)フ

デジタル大辞泉「夫」の解説

ふ【夫】[漢字項目]

[音](呉)(漢) フウ(慣) ブ(慣) [訓]おっと つま おとこ それ
学習漢字]4年
〈フ〉
成人した男。「丈夫情夫壮夫大夫たいふ匹夫凡夫
仕事にたずさわる男。「火夫漁夫工夫こうふ坑夫水夫すいふ農夫牧夫
男の配偶者。おっと。「夫君夫妻先夫亡夫有夫一夫一婦
〈フウ〉
りっぱな男子。「夫子
おっと。「夫婦
のり]あき・お・すけ
[難読]水夫かこ妓夫ぎゆう工夫くふう大夫たゆう太夫たゆう夫役ぶやく丈夫ますらお夫婦めおと・みょうと鰥夫やもお鰥夫やもめ

つま【夫/妻】

《「つま」の
夫婦や恋人が、互いに相手を呼ぶ称。
はもよにしあればはなし汝を置て—はなし」〈・上・歌謡〉
動物のつがいで、互いの相手。
下辺しもへにはかはづ—呼ぶ」〈・九二〇〉
鹿と、秋風と萩など、関係の深い一組のものの一方をいう語。
小牡鹿さをしかの—にすめる萩の露にも」〈・匂宮〉
[類語]家内女房細君かみさんワイフかかあ山の神さいベターハーフ

ぶ【夫】

公事などのために徴発された人夫。夫役ぶやくに従う人夫。
「この御堂の—をしきりに召す事こそ」〈大鏡・道長上〉
(「歩」とも書く)雑兵。
かたちをやつし—になり」〈太平記・一〇〉

おっと〔をつと〕【夫/良人】

《「おひと(男人)」の音変化》配偶者である男性。結婚している男女の、女性を「妻」というのに対し、男性をいう語。亭主。「—のある身」⇔
[類語]主人亭主旦那ハズバンドハズ夫君内の人宿六良人旦つく先夫前夫亡夫男鰥おとこやもめ寡夫

ひこ‐じ〔‐ぢ〕【夫】

《「ひこ」は男子の美称。「じ」は敬称》おっと。
「その—へて歌ひたまひしく」〈・上〉

お‐うと〔を‐〕【夫】

《「おひと」の音変化》おっと。
「—は若く色衰へず盛りなる程なり」〈水鏡・上〉

お‐ひと〔を‐〕【夫】

おっと」に同じ。

ふう【夫/富】[漢字項目]

〈夫〉⇒
〉⇒

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「夫」の解説

ぶ【夫】

〘名〙
① 公事のために徴発された人。夫役(ぶやく)の人夫。
※続日本紀‐神護景雲元年(767)九月乙丑「始造八幡比売神宮寺。其夫者便神寺封戸
② (「歩」とも書く) いくさにかり集められた人足。名もない下級の兵士。雑兵(ぞうひょう)
※太平記(14C後)一〇「をやつし夫(ブ)になり、中間二人に物具きせて馬にのせ」

ひこ‐じ ‥ぢ【夫】

〘名〙 (「ひこ」は男子の美称。「じ」は敬称) りっぱな夫をいう。男子の名の一部にも用いる。
※古事記(712)上「其の比古遅(ヒコヂ)〈三字は音を以ゐよ〉答へて歌ひたまひしく」

お‐うと を‥【夫】

〘名〙 (「おひと(夫)」の変化した語) おっと。〔新撰字鏡(898‐901頃)〕
※白氏文集天永四年点(1113)四「聟(ヲフト)塩商たること十五年」

お‐ひと を‥【夫】

〘名〙 (「夫(お)人」の意) =おっと(夫)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のの言及

【婚姻】より

…婚姻とは,社会的に承認された夫と妻の結合であり,この〈夫〉と〈妻〉の資格,役割については,それぞれの社会において独自の意味づけがなされている。この意味づけはときとしてひじょうにかけ離れているので,上記の広い定義にもう少し具体性をもたせようとすると,その定義からはずれてしまう事例が出てくる。…

【離婚】より

…日本では,他のアジア諸国と同じように,宗教や公権力によって離婚が規制されることはなかったので,かなり古くから,離婚は自由にされていた。ただし,夫側からの離婚のみであって妻側には離婚の自由がなく,妻の離婚請求権を初めて認めた1873年5月15日太政官布告も,父兄弟の付添いを条件とし,夫妻双方の離婚請求権を認めた明治31年民法も不平等な離婚原因を残していた。夫婦平等の離婚制度が出現したのは,ようやく1948年施行の現行民法に至ってである。…

※「夫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

亜種

特定のウイルスに似ていながら、微妙に異なる特徴を持つもの。たとえば、メールを自動配信する特定のウイルス「XXX」が固有の件名や添付ファイル名を使用している場合、これと動作は似ていながら、異なる件名や添...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android