夫婦松(読み)メオトマツ

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

めおとまつ【夫婦松】

長野の日本酒。「山酒造店」の松本支店として発祥し、酒名は、本店銘柄の「岸の松」に対し支店銘柄として命名。甘辛中庸の味わいの本醸造酒。原料米はしらかば錦蔵元の「松本醸造」は明治31年(1898)創業。平成13年(2001)廃業は松本市大手にあった。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

めおと‐まつ めをと‥【夫婦松】

〘名〙 目だつところに二本並んで生えている松の木や、二本の木の一部がくっついているものに関して、その由来を説明する伝説。また、その松の木。一方を伐ると血が出るとか、縁結びの神だとかいう。
※遊歴雑記(1829)初「その夫婦松といふ大木ありて、根壱本より左右に分れ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

夫婦松の関連情報