コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

失書 しっしょ agraphia

翻訳|agraphia

3件 の用語解説(失書の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

失書
しっしょ
agraphia

手や腕の運動障害がなく,知能や精神の障害もないのに文字が書けなくなる症状をいう。大脳の後天的な局所的病変によって起きる。失語 (→失語症 ) や失行失認に付随して現れることが多い。自動書記,書取り,写字すべてが不能な場合から,自動書記は不能であるが書取りと写字はできる場合,自動書記は可能であるが写字は不能な場合など,種々のタイプがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

しっしょ【失書 agraphia】

大脳の破壊によって,文字が書けなくなる状態をいう。ベネディクトM.Benediktによって初めて記載された(1865)。この際,手指の運動障害や知能障害によるものは除かれる。失書はその原因と障害の程度によって四つに分類される。(1)失語症によるもの 失語症では,ほとんどつねに失書を生じ,失語性失書という。自発書字,書取りは障害されるが写字は障害されない。大脳の損傷部位は〈失語症〉の項を参照されたい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しっしょ【失書】

運動麻痺や視覚・知能の障害がないのに、文字や文章を自分で書いたり人が言うことを書き取ったりすることができない状態。多くは失語症や失行・視覚失認に伴って現れる。失書症。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

失書の関連キーワード拘縮書痙大脳大脳半球擱座失読症キャヴィテーション肺囊胞症離断症候群《インディアスの破壊についての簡潔な報告》

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

失書の関連情報