把持(読み)はじ

精選版 日本国語大辞典「把持」の解説

は‐じ ‥ヂ【把持】

〘名〙
① 手にとらえつこと。しっかりつかむこと。自分のものとして理解したり、握したり、そういう態度を維持したりすること。また、自分の勢力下に置くこと。
※くれの廿八日(1898)〈内田魯庵〉一「平和のを把持する盟主となるには」 〔白虎通
② 心理学で、記憶したものが痕跡となって残っていること。
※春六題(1921)〈寺田寅彦〉四「箇々の印象を把持する記憶の能力」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android