失書症(読み)シッショショウ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

失書症
しっしょしょう

手指や腕の運動障害がなく、知能や精神の異常もないのに字が書けなくなる状態をいう。失語や失行から二次的に生じた失書と、失語や失行を伴わず失書のみがみられる純粋失書とがある。純粋失書は、通常、左右いずれの手にもみられ、その責任病巣は左前頭葉や頭頂葉、視床にあると推定されている。これに対し、右手では正しく書け、左手のみに失書がみられることがある。この場合は左と右の大脳半球を連絡している脳梁(のうりょう)が損傷され、左半球の言語領と右半球の運動野の連絡が断たれるため、左手に失書を呈すると考えられている(離断症候群)。[海老原進一郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android