コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奈呉ノ浦 なごノうら

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

奈呉ノ浦
なごノうら

富山県北西部,富山湾伏木港から放生津潟にかけての沿海の古称奈呉ノ江,奈呉ノ海とも呼ばれた。射水市に属し,市内に地区名としての奈呉の江が残る。越中国に在任した国守大伴家持が「東風 (あゆ) をいたみ奈呉の浦廻 (み) に寄する波…」と詠んでいる。富山湾特有の寄り回り波による海岸浸食が激しかったため護岸工事が行なわれた。また,富山新港の開港によって,付近のかつての景観はほとんど失われた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

奈呉ノ浦
なごのうら

富山県北部、射水(いみず)市、富山湾岸の旧放生津潟(ほうじょうづがた)一帯の古地名。かつては景勝の地で、越中守(えっちゅうのかみ)大伴家持(おおとものやかもち)も「奈呉の海人(あま)の釣する舟は今こそは舟棚(ふなだな)打ちてあへて漕(こ)ぎ出め」(『万葉集』巻17)などの歌を残し、放生津八幡宮(はちまんぐう)にその歌碑がある。奈呉の江という地名が残る。[深井三郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

奈呉ノ浦の関連キーワード江出乃月放生津新湊