奏事(読み)ソウジ

大辞林 第三版の解説

そうじ【奏事】

天皇に奏上すること。また、奏上した事柄。
律令制で、奏上文書の形式の一。中程度の事柄に関するもの。奏事式。
鎌倉時代の訴訟手続きの一。判決などの誤りに対する最終的な救済方法。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の奏事の言及

【公式様文書】より

…(1)(a)は詔書,勅旨両式と飛駅下式で,詔書は臨時の大事,勅旨は尋常の小事,飛駅下式は地方有事の際に用いる。(b)は太政官から奏上するもので,事の大・中・小によって論奏・奏事・便奏の3式に分かれている。飛駅下式に対するのが飛駅上式で,地方の異変を急奏する。…

※「奏事」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android