コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奏事 ソウジ

デジタル大辞泉の解説

そう‐じ【奏事】

天皇に申し上げること。また、その事柄。
《「奏事式」の略》律令制の文書形式の一。中程度の事柄上するための書式
中世幕府の訴訟過程における最終的な救済手続き。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

そうじ【奏事】

天皇に奏上すること。また、奏上した事柄。
律令制で、奏上文書の形式の一。中程度の事柄に関するもの。奏事式。
鎌倉時代の訴訟手続きの一。判決などの誤りに対する最終的な救済方法。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の奏事の言及

【公式様文書】より

…(1)(a)は詔書,勅旨両式と飛駅下式で,詔書は臨時の大事,勅旨は尋常の小事,飛駅下式は地方有事の際に用いる。(b)は太政官から奏上するもので,事の大・中・小によって論奏・奏事・便奏の3式に分かれている。飛駅下式に対するのが飛駅上式で,地方の異変を急奏する。…

※「奏事」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

奏事の関連キーワード九条年中行事摂津親致鎌倉時代帷幄上奏太政官奏平信範菊慈童内舎人公式令内奏方天皇官奏侍中奏状

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android