コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奚琴 けいきんhaegǔm

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

奚琴
けいきん
haegǔm

一般には朝鮮の2弦の弓奏楽器 (胡弓) をさす。小型の円筒形の胴に棹を差込んであり,馬尾毛を張った弓を両弦の中間にはさんで演奏する。朝鮮には高麗朝睿宗のときに宋から伝わった。現在は雅楽一般の曲および民間人の芸術音楽にも用いられている。清朝の宮廷宴饗楽で使われていた奚琴は形も奏法も異なる楽器。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

けい‐きん【×奚琴】

中国の俗楽用の弦楽器。朝鮮では雅楽に用いられた。円筒形の胴に棹(さお)を差し込んだもの、または底を抜いたさじ形のものに、2弦をわたして馬の尾の毛を張った弓で奏する。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

奚琴【けいきん】

ヘグム(奚琴)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

けいきん【奚琴】

中国,朝鮮のリュート属の弦楽器。中国には2種類ある。円筒形の胴に棹を差し込んだ形の奚琴は,唐・宋代では撥弦楽器であったが元代に至って擦弦楽器に変わり,明代以後胡琴(胡弓)類に吸収され,戯曲や説唱の伴奏,民間音楽に広く用いられた。明・清代の宮廷宴饗楽に用いられた奚琴は,底のないさじ形の胴がしだいに細く伸びて棹の部分となっており,上端は竜頭形になっている擦弦楽器であるが現在は使われていない。朝鮮の奚琴は嵆琴とも書き,高麗朝の睿宗のころ(12世紀)宋から伝来した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

けいきん【奚琴】

中国起源の擦奏弦楽器。もと奚族の楽器で、古くは弾奏。朝鮮では円筒形の胴で二弦を張り、雅楽・俗楽に広く用いられる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の奚琴の言及

【胡弓】より

…広義には東洋のリュート属擦弦楽器の総称で,中国の胡琴(こきん),朝鮮の奚琴(けいきん)なども含まれる(イラスト)。狭義には日本のものを指し,鼓弓,小弓とも書く。…

※「奚琴」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

奚琴の関連キーワードヒャンアク(郷楽)サンジョー(散調)朝鮮音楽シナウィ金千興弾奏三弦唐楽

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android