コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奥能登丘陵 おくのときゅうりょう

3件 の用語解説(奥能登丘陵の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

奥能登丘陵
おくのときゅうりょう

石川県能登半島北東部一帯ほぼ全域を占める丘陵。最高点は高洲山(567m)で,大部分は標高 200~300mの低い丘陵地。安山岩の上に新第三紀層が堆積し,基盤が露出しているところもある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔石川県〕奥能登丘陵(おくのときゅうりょう)


石川県北部、能登(のと)半島先端部にある丘陵。標高約200~500m。丘陵面から高洲(こうしゅう)山(標高約570m)や宝立(ほうりゅう)山(同471m)などが残丘状に突出する。コナラ・アカマツにおおわれ、スギ・アスナロの植林地や牧場、クリ果樹園が点在し、開析(かいせき)谷では稲作が営まれる。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

奥能登丘陵
おくのときゅうりょう

石川県北部、能登半島先端部の丘陵。鳳珠(ほうす)郡、珠洲市、輪島(わじま)市にまたがる。能登半島の先端部を奥能登と称し、ここに位置することから命名された。ほぼ北東―南西方向に走り、延長約60キロメートルで、能登半島で最高の高洲山(こうのすさん/こうしゅうざん)(567メートル)や宝立(ほうりゅう)山(469メートル)、桑塚(くわつか)山(408メートル)などを含む丘陵。一般には標高250~300メートルの丘陵で、北西の日本海斜面は急傾斜で、地すべり地が多い。南東の富山湾側は緩傾斜で、5段の段丘が発達し、最下段は30~50メートルの海成段丘で広く発達する。上位の段丘には準平原的な平坦(へいたん)面もみられ、段丘の主体は新第三紀中新世の地層や火山性岩石である。火山が所々に噴出し、高峰や海岸の奇岩、景勝地を形成している。コナラ、アカマツ林が多いが、放牧地、クリ園などが開かれている。樹枝状の小河川に沿い水田が発達し、斜面はスギ、アテ(アスナロ)の植林地となっている。[矢ヶ崎孝雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の奥能登丘陵の言及

【能登半島】より

… 半島は全体に低平な準平原的地形で,新第三紀層が骨格をつくる。南部には南端の宝達山(637m)を最高峰に,修験道で有名な北端の石動(いするぎ)山(556m)にかけて南西~北東に宝達丘陵が走り,北部には大きく弧を描きながら奥能登丘陵がのびる。奥能登丘陵は標高300~400mの定高性をもつ丘陵で,最高峰の高洲(こうのす)山(567m)をはじめ宝立(ほうりゆう)山(469m),桑塚山(408m)などが残丘状に丘陵面からそびえている。…

※「奥能登丘陵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

奥能登丘陵の関連キーワード能登内浦〈町〉石川県珠洲市富来〈町〉鳥屋〈町〉石川県鹿島郡中能登町石川県鳳珠郡能登町能都〈町〉能登島〈町〉鹿西〈町〉

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone