コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奥野信太郎 おくの しんたろう

2件 の用語解説(奥野信太郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

奥野信太郎 おくの-しんたろう

1899-1968 昭和時代の中国文学者,随筆家。
明治32年11月11日生まれ。戦前2度中国にわたり,昭和23年慶大教授。おおくの軽妙な随筆をのこし,ラジオ,テレビでも活躍。日本中国学会理事,三田文学会会長などをつとめた。昭和43年1月15日死去。68歳。東京出身。慶大卒。著作に「随筆北京」「中国文学十二話」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

奥野信太郎
おくのしんたろう
(1899―1968)

中国文学者、随筆家。東京の生まれ。陸軍軍人を父にもつ厳格な家庭に育ったが、陸軍士官学校をわざと落第、浅草オペラに入りびたるなどして、21歳、慶応義塾大学文学部予科に入る。与謝野晶子(よさのあきこ)門下の歌人でもあった。1948年(昭和23)より慶大教授。中国文学に独特の鋭い眼識をもっていたが、粋人肌の彼は論文というやぼな形式を好まず、もっぱら随筆を書いた。『随筆北京(ペキン)』(1940)、『柘榴(ざくろ)の庭』(1952)、『芸文おりおり草』(1958)その他多数がある。翻訳書としては『ちゃお・つう・ゆえ』(老舎作『趙子日』)など。[村松 暎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

奥野信太郎の関連キーワード麻生磯次今村与志雄岡崎俊夫蒲池歓一小島憲之千田九一橋川時雄増田渉松崎鶴雄興膳宏

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone