女性専用車両(読み)じょせいせんようしゃりょう

知恵蔵の解説

女性専用車両

2005年春から、首都圏のJRと大手私鉄、地下鉄で一斉に導入された。関西地方では02年以降に導入されていたが、首都圏では「関西に比べて混雑が激しい」などの理由で各社が消極的だった。しかし、痴漢や酔客の迷惑行為が相次ぎ、東京都や警視庁などが導入を要望。国土交通省が各社を交えて協議会を設置し、導入を決めた。協議会では女性のほか、(1)小学生以下の男子が1人で乗る場合、(2)身体障害者の男性が1人で乗る場合、(3)身体障害者の男性介助者、の乗車を認めることで合意した。首都圏では、これに先駆ける形で京王電鉄や横浜市営地下鉄、JR埼京線などで実施されていた。なお、旧国鉄時代に導入された婦人子供専用車が、「男女平等にふさわしくない」などの理由で1973年までに廃止された経緯がある。

(平栗大地 朝日新聞記者 / 松村北斗 朝日新聞記者 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

女性専用車両の関連情報