コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奴児干都司 ぬるがんとし Nurgan du-si; Nurgan tu-ssǔ

2件 の用語解説(奴児干都司の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

奴児干都司
ぬるがんとし
Nurgan du-si; Nurgan tu-ssǔ

中国,明代に満州経営の前進拠点となった地方軍事機関。満州は古くから女真の住地であったが,永楽帝は積極的にその招撫に乗り出し,多くの衛所を設けて彼らを支配下に入れ,永楽9 (1411) 年これらの衛所を統制するために太監イシハ (亦失哈) をつかわし,黒竜江下流奴児干の地に都司を設置し,また永寧寺 (→永寧寺碑 ) を建てて原住民の教化に努めた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ヌルガンとし【奴児干都司 Nurgan dū sī】

1409年(永楽7),黒竜江(アムール川)下流の特林に置かれた明の軍政機関。正式には奴児干都指揮使司という。明代の初め,明の影響力がしだいに中国東北部から沿海地方に浸透していったが,永楽帝の時代,ここに居住する女直族を招諭し,女直の部族長に官職を与えるとともに,〈衛〉と呼ばれる組織に編成した。これらの衛所を統轄するための上級機関として設けられたのが奴児干都司である。明から派遣された兵士が常時500人から2000人駐在し,その影響力はサハリンアイヌにまでも及んだ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

奴児干都司の関連キーワード愛琿条約アムール川ウスリー川黒竜江アムールオロチョンアムール川鉄橋アムール鉄橋アムール橋愛輝

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone