如何様にも(読み)いかさまにも

精選版 日本国語大辞典の解説

いかさま【如何様】 にも

① 疑問、不定の気持を少し残すさま。どんな状態でも。
※苔の衣(1271頃)二「さやうのあたりに、いかさまにもすみ給ふは」
② 自分の考えや叙述のたしかさを最大の限界からいう意を表わす語。どう見ても。どうしても。ともかくも。きっと。おそらく。何といっても。
※平家(13C前)六「是はいかさまにも天狗の所為(しょゐ)といふ沙汰にて」
③ 相手や世間のいうことに納得するさま。なるほど。いかにも。
※バレト写本(1591)「Jesus ナンジガ シャケイ イキ カエル ベシ ト ノタマエバ、Martya ycasamanimo(イカサマニモ) ヨミガエリ ナーヤト」

いかよう【如何様】 にも

(形容動詞「いかようなり」の連用形に助詞「も」の付いたもの)
① 可能な方法を考え出す意を表わす。何としてでも。
御伽草子・唐糸草子(室町末)「わが身いかやうにも鎌倉へ尋ねこし、御行方を尋ね聞かまほしく候へ」
② 物事の状態、程度、方法などがいくつかある場合、どれでもえらんだりえらばせたりするさま。どのようにでも。
※漢書列伝竺桃抄(1458‐60)「如何様にも罪せられてこそ、天下人民をば尉せられうずがさはなうて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android