妄言(読み)ぼうげん

精選版 日本国語大辞典「妄言」の解説

ぼう‐げん バウ‥【妄言】

〘名〙 (「ぼう」は「」の漢音) でまかせにものを言うこと。また、そのことば。根拠のないことば。でたらめ。妄語。もうげん。
※菅家文草(900頃)一・哭菅外史、奉寄安著作郎「酷悲穿眼復消魂、皆道希顔是妄言」 〔史記‐項羽本紀〕

もう‐げん マウ‥【妄言】

〘名〙 でまかせのことば。偽りのことば。ぼうげん。もうごん。
※集義和書(1676頃)一五「悪口妄言世俗の卑辞は、少し心ある人はいはず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「妄言」の解説

もう‐げん〔マウ‐〕【妄言】

根拠もなくみだりに言う言葉。でまかせの言葉。ぼうげん。「妄言を吐く」
自分の述べた言葉をへりくだっていう語。ぼうげん。「妄言多謝
[類語]失言暴言放言出任せうわ言寝言たわ言ざれ言しれ言無駄口言い過ぎ過言口が過ぎる言い過ぎる

ぼう‐げん〔バウ‐〕【妄言】

もうげん(妄言)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「妄言」の解説

【妄言】もう(まう)げん

でたらめをいう。〔荘子、斉物論〕予(われ)嘗(こころ)みに女(なんぢ)が爲に之れを言せん。女以て之れを聽せば、奚(いかん)。

字通「妄」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

敵に塩を送る

《戦国時代、上杉謙信が、敵将武田信玄の領国の甲斐が塩の不足に苦しんでいるのを知り、塩を送らせた故事から》敵の弱みにつけこまず、逆にその苦境から救う。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android